Archive for the ‘未分類’ Category

自宅脱毛をする時のアフターケアポイント

女性に取って、体毛が目立っていると、だらしがない印象も与えてしまうので、定期的にきちんとムダ毛処理をすることは必須です。しかし脱毛ケアは、一歩間違えてしまうと、素肌に深いダメージを与えてしまうこともあるので、脱毛方法だけではなく、処理前後のお手入れも正しく行うことが大切です。脱毛処理を行うと、お肌は乾燥しがちとなってしまうため、処理後の保湿ケアは鉄則で、いつもよりも念入りに行いましょう。


脱毛によって刺激を受けたお肌を鎮静化させる効果もあるので、ボディローションやボディクリームを塗布し、お肌にしっかりと水分を届けてあげることがポイントです。顔、ボディに関係なく、スキンケアにおいて最も重要だといわれていることは、一にも二にも保湿ケアで、お肌の水分不足は様々な肌トラブルの引き金になってしまうものなので、季節を問わず、肌質に関係なく、保湿を行うことが美肌を守ることにもつながります。自己処理でどんどんお肌が汚くなってしまうのは、こういったアフターケアを怠っているからで、せっかく時間をかけてムダ毛処理を行っても、かえってお肌が汚くなってしまっていては、本末転倒と言わざるを得ません。見せられる美肌にするためには、処理後のお手入れもしっかりと行いましょう。

家庭用脱毛器で永久脱毛はできる?

家庭用脱毛器で永久脱毛ができるのかどうか、みなさん疑問に思っていると思います。永久脱毛の定義とは、脱毛完了後から1ヶ月以内に毛の再生率が10~20パーセント以内であるということです。
家庭用脱毛器、エステではパワーは違いますが同じ様な方法で脱毛が行われます、毛根を破壊して行う脱毛は医療機関でしか行うことができません。
最近では様々な種類の家庭用脱毛器が販売されています。それぞれ一長一短ありますが、家庭用脱毛器でも十分に綺麗に脱毛はできます。
家庭用脱毛器を選ぶ際には、照射面積、カートリッジあたりの1ショットのコスト、チャージ時間、連射機能、重さ、脱毛力、痛み、使用できる部位を検討してから購入すると良いです。


最後に家庭用脱毛器のメリットですが、自宅で気軽に使用することができる、他の人にみられることなく処理ができる、使えば使うほどお得になる、などがあげられます。しかしながら、デメリットとしては照射面積が狭いので時間がかかる、手の届かない部位の照射が難しい、パワーが弱いなどの点が上げられます。
器械の種類にもよりますが、産毛もまったく生えてこないような永久脱毛は期待できませんが、ムダ毛がそれなりに気にならなくなるくらいまでの綺麗な脱毛は期待できます。

自宅で簡単にできるおすすめの家庭用脱毛器とは

女性が行わなければならないムダ毛の処理、自己処理でもお肌を傷付けることなく、もっとも美しく仕上げるには、家庭用脱毛器を使ったお手入れがおすすめです。今市場で一番人気となっている機種は、エステ脱毛と同じく光ケアができる製品で、自宅に居ながらにして美容脱毛ができると、高く評価されているようです。光脱毛は、ほとんど痛みがないという点でも人気が高く、苦痛を感じずに脱毛ケアができると幅広い年代の方に喜ばれています。家庭用とは言え、照射面積がある程度広い機種は、お手入れが非常にスピーディーに行え、煩わしさを感じることなく使いこなせます。


光脱毛器は、細く薄い産毛のような体毛から、硬く太い剛毛まで対応できるので、全身の処理にも使用できるばかりか、男性のひげ脱毛にも使えるので、家族で、カップルで使用できとても便利です。やけどの心配もない安心設計で、使い方もいたってシンプルなので、機械に弱い女性でも難なく使いこなせるようです。この機種を使ってお手入れをすれば、ムダ毛が目立たなくなっていると同時に、素肌の状態もどんどん美しく整っていくので、まさに見せられる美肌ケアには最適なアイテムです。家庭に一台あれば、ツルピカ肌が維持できて、女子力アップも間違いなしです。

サロンと脱毛器、効果と値段について

女性は、身だしなみの一環としてもムダ毛の処理をしなければなりませんが、かみそりや毛抜きを使っての自己処理では、お肌に与えるダメージも相当きついものになってしまい、逆に素肌を汚くしてしまうことも多いので、あまりお勧めできる方法とは言えません。脱毛ケアは、できるだけお肌に優しいものを選択するのが基本で、自己処理を行う場合でも家庭用脱毛器を使ってお手入れを行うなどの工夫が必要です。最近はこの家庭用脱毛器の性能も非常に高くなっており、脱毛サロンとそん色ないほどの仕上がりが期待できます。


今最も人気が高い機種は、サロンと同じ光脱毛ができる機種で、お手入れを重ねていくごとに美肌効果が高まると、美容に関心が高い女性の間でも話題沸騰となっているようです。家庭用脱毛器の中ではかなり値が張るものではありますが、その使いやすさ、仕上がりのレベルの高さを考えると、家庭に居ながらにしてエステ脱毛ができると喜ばれており、家族皆で使っているというファンも多いようです。細く薄い産毛から、男性の髭のような剛毛まで対応可能な機種なら、全身のお手入れにも使用できるので、サロンで全身脱毛を受けることを考えればかなり安上がりといえるでしょう。

効果で選ぶなら家庭用脱毛器がおすすめ

脱毛エステと家庭用脱毛器を比べた場合、効果で選ぶなら家庭用脱毛器がお勧めです。
その理由は、エステより家庭用機器のほうが、いつでも好きなときにケアができるからです。
エステの場合は、スケジュールを調整したり予約したり、根気よく通ったりするのが大変ですが、家庭用機器なら自分の好きなときに好きなだけケアすることができます。
この点で、集中して早く効果が出せるのは家庭用脱毛器のほうだといえるでしょう。
特に、部分的脱毛を行う場合は、絶対に家庭用機器を使用することをおすすめします。


なぜなら、脇や腕など一部分だけをケアするためにエステを利用するのは、時間的にも経済的にも無駄があるからです。
全身脱毛をするならともかく、ケアする場所が一箇所だけなら、スケジュール調整も予約も必要ない家庭用脱毛のほうが効率がよくなります。
家庭用脱毛器ならエステにようにエステティシャンとの相性を気にする必要もないので、施術時の心理的なストレスもありません。
いつでも好きなときに、好きな場所で、気軽に脱毛できるのが家庭用脱毛のメリットです。
ただし、使用する機器は高品質なものでなければ効果が得られないので、製品選びは慎重に行ってください。

間違った自己処理の危険性

ムダ毛を自己処理している女性は少なくありません。カミソリやシェーバーで剃ったり、毛抜きで抜いたりと方法は様々ですが、自宅で気軽にできる手軽さが人気です。
しかし、自己処理はきちんとした知識がないまま行うと、大きな危険性があることはあまり知られていません。ムダ毛がなければいいという思いだけで処理していると、お肌のトラブルにつながってしまいます。


まず、カミソリやシェーバーを使っている場合、きれいになるからと毛の流れに逆らって剃る人がいますが、これはお肌に良くありません。皮膚がめくれてしまったり、傷ができやすい状態になってしまいます。手軽に処理できるので、毎日のように剃ることも、お肌への負担が強いです。毛と一緒にお肌の表面も剃り落してしまうので、お肌が乾燥し、色素沈着や黒ずみにつながってしまいます。カミソリを使う場合は、2週間に1~2回程度にして、毛の流れにそうようにしましょう。
そして、毛抜きを使うと、毛根から抜けてきれいな状態が長く続きますが、カミソリよりお肌へのダメージを与えてしまう方法です。毛抜きを使い続けていると、毛穴がボツボツと目立ってしまったり、埋没毛などのトラブルを引き起こしてしまいます。

手軽にできる!ワックス脱毛法

ワックス脱毛は一度の処理で広範囲のムダ毛を抜くことができ、行ったあとすぐにつるつるの肌になることができる脱毛方法です。
数週間でまた生えてくるため旅行や結婚式などのために一時的に脱毛したい、将来気が変わった場合にも毛が生えないと悩むことがない脱毛法です。
使い方はミツロウやパラフィンでできた専用のワックスを温め、ヘラなどを使って処理したいムダ毛の場所に薄く塗って上からストリップと呼ばれる綿や不織布などのシートを密着させて固まった後に一気に剥がします。


早く固めるためには上から保冷剤などで冷やすと固まりやすくなります。
長さのある毛は途中で切れてしまうことが多く抜けにくく痛みが強くなるので1センチ程度にそろえておくことが重要です。
剥がすときは皮膚をピンと張った状態にして、皮膚が引っ張られないようにすると痛みが減少するのであまり広い範囲を一度にやらずにこまめに行うほうがやりやすくなります。
剥がした後にワックスが肌に残ってしまった場合にはオイルなどでふき取り、抜けきらなかった毛がある場合はピンセットや毛抜きで1本ずつ処理します。
終わった後は保冷剤などでクーリングをしてからボディクリームやスクラブなどで肌を保湿ケアします。

カミソリ処理前のケアについて

カミソリを使ってムダ毛を処理するときは、処理後に起こりやすいトラブルを回避するための対策をとることが必要です。
まず、皮膚が乾いたまま剃るとダメージが大きくなってしまいますので、透明なクリームなどを塗ってから行うようにします。
色が付いたものではなく透明がいいのは、毛がある部分を確認しながら剃れるからです。
そして処理後に乾燥が進むのを避けるため、保湿ローションなどでうるおいを与えます。


また、これらを行う前にはカミソリと肌を消毒することも大変重要です。
目には見えませんが雑菌が付着していますので、剃ったあとに皮膚にできてしまう小さな傷跡から菌が入り込まないようにする目的があります。
これを怠り感染してしまうと、赤く腫れたり毛嚢炎が発生したりする可能性がありますので注意したいです。
その処理前に行うべき消毒の方法は、アルコールなどの消毒液をたっぷりと染み込ませた布で、カミソリが皮膚に触れる部分を丁寧にふき取るだけで大丈夫です。
これを行ったあと時間を置くとまた菌が付いてしまうかもしれませんので、ムダ毛を処理する直前に行うようにします。
さらに、ムダ毛を剃る部分もサッとふき取っておくと、菌による肌トラブルが起きにくくなります。

正しいカミソリでの処理方法を知ろう

女性が、身だしなみとしても行わなければならないムダ毛の処理、コストが安く抑えられ、広い範囲も一気に処理できる方法としては、やはりカミソリを使う方が多いといわれていますが、この処理方法は一歩間違えてしまうと、大切なお肌には深刻なダメージを与えてしまう危険性も高いので、正しい方法をしっかりと覚え、肌への刺激を最小に抑えられるようにしましょう。まず刃先の新しいものを用意することは鉄則で、浴室に置きっぱなしで錆ついているもの、切れ味の悪いものを使用することは絶対に避けます。


どんな角度にしても肌が切れにくい、T字タイプのカミソリが使いやすく安全です。使用する前にお肌をしっかりと保護してあげることが重要で、石鹸をたっぷりと泡立てたり、男性用のシェービングフォームもおすすめです。そして何度もお肌に当てるのではなく、さっと上から下に向け刃を当て、今度は反対方向から剃ります。この際にも、お肌には保護となるクリームをたっぷりと乗せることを忘れないようにしましょう。何度も同じ個所を剃ることは避け、一気に行います。そして処理後の保湿ケアは徹底し、たっぷりとボディローションやクリームを塗ってあげることが大切です。