カミソリ処理前のケアについて

カミソリを使ってムダ毛を処理するときは、処理後に起こりやすいトラブルを回避するための対策をとることが必要です。
まず、皮膚が乾いたまま剃るとダメージが大きくなってしまいますので、透明なクリームなどを塗ってから行うようにします。
色が付いたものではなく透明がいいのは、毛がある部分を確認しながら剃れるからです。
そして処理後に乾燥が進むのを避けるため、保湿ローションなどでうるおいを与えます。


また、これらを行う前にはカミソリと肌を消毒することも大変重要です。
目には見えませんが雑菌が付着していますので、剃ったあとに皮膚にできてしまう小さな傷跡から菌が入り込まないようにする目的があります。
これを怠り感染してしまうと、赤く腫れたり毛嚢炎が発生したりする可能性がありますので注意したいです。
その処理前に行うべき消毒の方法は、アルコールなどの消毒液をたっぷりと染み込ませた布で、カミソリが皮膚に触れる部分を丁寧にふき取るだけで大丈夫です。
これを行ったあと時間を置くとまた菌が付いてしまうかもしれませんので、ムダ毛を処理する直前に行うようにします。
さらに、ムダ毛を剃る部分もサッとふき取っておくと、菌による肌トラブルが起きにくくなります。

Comments are closed.