間違った自己処理の危険性

ムダ毛を自己処理している女性は少なくありません。カミソリやシェーバーで剃ったり、毛抜きで抜いたりと方法は様々ですが、自宅で気軽にできる手軽さが人気です。
しかし、自己処理はきちんとした知識がないまま行うと、大きな危険性があることはあまり知られていません。ムダ毛がなければいいという思いだけで処理していると、お肌のトラブルにつながってしまいます。


まず、カミソリやシェーバーを使っている場合、きれいになるからと毛の流れに逆らって剃る人がいますが、これはお肌に良くありません。皮膚がめくれてしまったり、傷ができやすい状態になってしまいます。手軽に処理できるので、毎日のように剃ることも、お肌への負担が強いです。毛と一緒にお肌の表面も剃り落してしまうので、お肌が乾燥し、色素沈着や黒ずみにつながってしまいます。カミソリを使う場合は、2週間に1~2回程度にして、毛の流れにそうようにしましょう。
そして、毛抜きを使うと、毛根から抜けてきれいな状態が長く続きますが、カミソリよりお肌へのダメージを与えてしまう方法です。毛抜きを使い続けていると、毛穴がボツボツと目立ってしまったり、埋没毛などのトラブルを引き起こしてしまいます。

Comments are closed.